読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

近代建築でレトロを感じよう

主に戦前からある近代建築を紹介していきます。

銀座のシンボル「銀座和光」の紹介

f:id:murata1216:20160901213608j:plain

銀座和光」は東京銀座の中心にある商業施設です。セイコー製の時計や宝飾品に加え、日本国内外の腕時計、宝飾品、陶磁器、バッグなど高級装飾品を扱っています。また、6階には、アートギャラリーの「和光ホール」があり、様々な催事が行われています。

現在の「銀座和光」が建っていた場所にはかつて、1894年にできた服部時計タワーが建っていました。その後、1921年に改築のため、取り壊されました。現在の「銀座和光」は、関東大震災後の1932年、渡辺仁設計によって、「服部時計店ビル」として建てられたものです。

最上部にある時計塔は、銀座の代表的なシンボルとなっています。時計塔の中には鐘楼があり、店舗営業時間中の毎時0分にウェストミンスターの鐘を演奏し時刻数の鐘を鳴らします。

www.wako.co.jp